激務といわれている看護師の仕事

看護師の仕事は激務であるといわれています。
まず、患者の命を預かる仕事になるので、少しのミスも許されないという責任重大の立場にあることです。一般的な職業であれば、少しミスをしたとしても後で取り戻しやフォローが可能になる場合が多いですが、医療現場においてはそれが患者の命に関わる重大な医療ミスへと発展してしまう可能性があるのです。そのため、常に仕事に集中して取り組まなくてはならず、それに加えて日々進化する医療の知識や技術に対応すべく、新たに勉強し続けなくてはなりません。
また、病院勤務だと24時間体制で患者に対応しなくてはならないため、日勤に加えて夜勤を行わなくてはならない場合もあります。夜勤では少ない人員で業務を行わなくてならず、ナースコールや救急患者にいつでも対応できるようにスタンバイしていなくてはならないのです。その場合、仮眠をとることもままならない可能性もあり、そうなると、疲れを残したまま業務を行うことになってしまいます。
夜勤を行うと生活リズムも崩れがちになるので、体調を壊してしまう人もいるでしょう。このような過酷な環境の中、心身共に限界を感じて仕事を辞めてしまう人も多く、看護業界では人手不足が深刻な問題となっています。
それにより、1人にかかる負担がさらに大きくなり、残業が多く、休みが少ないといった状況に陥ってしまい、激務の悪循環が生じてしまうのです。心身が健康でないと質の高い仕事を行うことができません。つらいと感じたら無理をせずに、看護師の資格を生かすことができる負担の少ない職場に転職するなどの対策を一度考えてみてください。→http://kangoshi-gekimu.com