激務の原因となる看護師の夜勤の現状

看護師の仕事を激務にしている原因として夜勤が多いことは昔から問題とされてきました。一定のリズムで働くことができないのは体力的にも精神的にも負担になりやすく、気持ちの上では働けても体調を崩してしまうという看護師も少なくありません。その事情はだんだんと変化しつつあるものの、病院を代表として患者が時間を問わずにいる限りは夜勤の担い手が不可欠なのは確かです。
しかし、現状として夜勤を負担と感じずに取り組む人が増えてきています。夜勤が大変な理由として大きいのはリズムを乱されてしまうからであり、日勤を中心としていてたまに夜勤があるという状況が身体への負担を大きくしているのです。
夜勤しかしないというのであれば昼夜逆転させてしまえば良く、頻繁に朝方と夜型を切り替えて生活するよりは大変ではなくなります。もともと昼夜逆転の生活をしてきたという人も多いため、進んで夜勤専従になるという道を選ぶ人もいるのです。これによって現場では日勤と夜勤の分担が進められてきています。
一方、日勤を中心として夜勤も行うという働き方に満足している看護師も増えているのが実情です。稼ぎたいという気持ちを持っている人にとって夜勤は手当をもらえる機会になります。激務の一因でしかないという認識を持ってみると、手当がもらえる夜勤はむしろ歓迎だと考える人もいるのです。
ただ仕事を大変にしてしまっている要素ではなくなってきているのが現状と言えます。